借金に時効の援用が適用される条件

  • 最後の支払いが1年前(用途が飲食代の場合)
  • 最後の支払いが3年前(用途が医療費の場合)
  • 最後の支払いが5年前の場合(上記以外の場合)
  • 貸主から訴訟されていない
  • 貸主から差し押さえの督促状が届いていない
  • 時効の援用を利用することを貸主に示している

時効の援用には手続きや書類作成が必要

時効の援用が適用されるには、様々な条件が必要であることが分かります。自分で手続きすることもできますが、自分のケースがどんな条件下にあるか知りたい場合は弁護士や司法書士など専門機関に相談するのが大切です。相続に関しても同じことがいえます。

相続の相談はどこにすればいい?

信託銀行

普通銀行では相続に関する業務は行なっていませんが、信託銀行なら相談できます。ここではどんな財産があるのか目録を作ってくれますし、法的な専門家の紹介もしてくれます。

司法書士

遺産相続でトラブルがない、3600万円以下の相続がある、このような場合は司法書士に頼む人が多いといわれています。特に不動産の名義変更が得意分野で、ほとんどの相続のケースで利用可能です。

医療ミスは弁護士相談

[PR]
司法書士事務所を東京でリサーチ!
相続や遺産整理までお手伝い☆

時効の援用や相続にはお金がかかる【専門家と相場】

相談

様々なケースがある

人それぞれ相続に関する状況は違ってきます。それによって大阪にある相続の相談機関に依頼する際の費用も変わってくるのです。
ケースの事例を見ておくと参考になります。例えば遺産の分け方といった基本的なことから相談することもできますし、預金や証券をどのように相続したら良いのか分からない、といったケースもあります。

ジャッジガベル

法務事務所が行なっている

相続の相談といえばなんとなく弁護士を頭に浮かべる人が多いでしょう。しかし、実際に弁護士に相談するのは相続争いが起きているときだけで、ほとんどの人が法務事務所に相談しています。
法務事務所には弁護士だけでなく、司法書士や行政書士などの書類作成の専門家がいます。

女性

専門家に払う手数料相場

弁護士や税理士、司法書士が手続きを行なってくれますが、税金に関しては税理士が専門家です。もし3600万円以上の相続があるなら税理士に頼んで納税の手続きをしましょう。申告にかかる費用は10万円からとなっています。裁判も同じく10万円が相場ですが、長期化する場合はその限りではありません。

男の人

不動産の相続

不動産の名義変更には3万円から最大で10万円前後の費用がかかってきます。裁判費用からすれば安いものです。不動産の相続は全体の50パーセントにも上りますので、司法書士など専門家に頼むと良いでしょう。不動産の相続を分けたい場合は、現金化するしかないので土地の売却が必要になってきます。

[PR]
離婚トラブルを即相談!
専門家が在籍している事務所を紹介

[PR]
大阪で税理士を利用しよう
税金の悩みをスピード解決☆

[PR]
新宿で選ばれる税理士
会社を発展させる経理のプロフェッショナル

[PR]
慰謝料が貰える離婚方法
有効的な証拠が大切

司法書士相談は埼玉で

広告募集中