司法書士に頼れる案件を知ればいざというとき助かる

司法書士に頼れる案件を知ればいざというとき助かる

男性と女性

頼れる窓口を知っているということ

法律相談というと、なんとなく難しいイメージがあってよく調べていない人も多いと思います。まずは相談できる窓口のそれぞれもっている業務を知ることで、どんな場面で利用できるのか分かります。法律は生活に密着しているので、関わることも多いのです。

ジャッジガベル

司法書士に相談できること

司法書士には不動産登記や商業や法人の登記を依頼することができます。弁護士よりもこういった手続きの書類を作るプロなので、迅速に対応してくれるでしょう。
簡易裁判所であれば訴訟代理権もあるということなので、以前利用したことがある人も頼める業務が増えていることに気付くはずです。

男性

成年後見制度の支援もできる

司法書士は成年後見人の選定にも関わることができます。障害をもった人をはじめ、生活する上での書類管理や手続きが困難な人の代理をするのが成年後見人ですが、正式な手続きを経て選定されなければなりません。家庭裁判所が後見人を選定しますが、司法書士も選定の一部を手伝うことができるので気軽に相談しましょう。

司法書士事務所を選ぶ際にやっておきたいこと

  • 事務所の雰囲気をみる
  • WEBサイトで事務所がある程度わかるのでチェック
  • 電話してみる
  • 司法書士と話をしたときの印象
  • 頼みたい仕事の知識があるか質問する
  • 提案が明確かどうか確認
  • 事務所が通いやすいか確認
  • 会計の内訳が分かりやすいかチェック

広告募集中