医療ミスに関わる訴訟は専門の弁護士に頼む

医療ミスに関わる訴訟は専門の弁護士に頼む

ウーマン

勝訴は訴訟全体の二割

難しい訴訟の場合、弁護士を立てることが多いですが、医療ミスの訴訟がその代表的な例といえます。原告側の勝率は二割程度となっており、ミスの立証が大変難しいのです。
難しい理由としては、立証のためには専門的な知識が必要となることが挙げられます。弁護士や医療ミス相談会などに相談すれば、対策が立てやすくなります。

ジャッジガベル

調査を行なってくれる

医療ミスに強い弁護士は過失調査を行なってくれるので頼りになります。ただしそのためには早めに弁護士相談しましょう。証拠は自分でも集めることができます。情報の開示は義務なので、患者側には開示する必要があります。病院側にはどんな理由で開示を請求しているのか言う必要はありません。集められた証拠であるカルテから、弁護士はミスとの因果関係を過失調査していきます。

医療ミスの事例

  • 腰の持病改善のために手術後状態が悪化した
  • 心臓カテーテル手術のミスで死亡
  • 顎変形症手術後に行なわれた経過観察の際のミス
  • 動脈閉そくの見落とし
  • 突き指の症状を見逃し後遺症が残った

広告募集中